CONSULTINGコンサルティング

生産性を改善するコンサルティング

生産性を改善するコンサルティング

生産現場において何故「品質が低下」し、「生産性が上がらない」のか。
この問題は、全ての工場にとって喫緊の課題であり、また永遠のテーマともいえます。

「長谷川経営コンサル」は、個々の工場におけるこれらの問題を解決するために、生産の要因系の概念である4M(人、設備、材料、方法)の観点で課題を分析し、生産の結果概念であるQCDS(品質、コスト、納期、安全)の視点から問題を解決に導きます。

生産現場改善の流れ

  1. 5Sの見える化

    モノ(材料、仕掛品、製品、不良品、工具、治具など)の見える化を図り、5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を徹底させます。

  2. 4Mの見える化

    4Mは、生産の要因系概念(人、設備、材料、方法)のことです。QCDS(※)において問題がある場合は、この4Mのどれかに原因があり、4Mを見える化することで課題を明示します。

  3. QCDSの見える化

    ※QCDS(品質、コスト、納期、安全)は、生産の結果系の概念です。これを見える化することで品質向上、原価改善、生産性向上、労働災害防止の達成状況がわかります。

  4. 情報、管理の見える化

    生産現場を日々改善するために、操業に関わる様々な情報や日常管理の状況を、見える化しなければなりません。
    改善力を磨くために、このプロセスの見える化は欠かせません。

  5. 品質、生産性の向上

  • 長谷川経営コンサル

    共有文房具、作業工具を5Sで改善した
  • 長谷川経営コンサル

    遊び心満載な5S改善活動板
  • 長谷川経営コンサル

    調整治具・検査治具を探さない、直ぐに使用できるように管理する
  • 長谷川経営コンサル

    日々の生産計画と実績を見える化した
  • 長谷川経営コンサル

    品質管理部門の課題を見える化
  • 長谷川経営コンサル

    作業環境を改善して、作業効率が向上した